オレオサイエンス Vol. 19, No.6 (2019)

オレオサイエンス 目次      Vol. 19, No.6 (2019)

巻頭言
会長就任にあたってのご挨拶
朝倉浩一 233
*oleo19-6asakura.pdf
*oleo19-6asakura-e.pdf

表彰
日本油化学会功績賞 妻鳥正樹氏
田中成佳 236
*oleo19-6tsumadori.pdf
第53回日本油化学会学会賞 中川公一氏 237
*oleo19-6nakagawa.pdf
第53回日本油化学会工業技術賞 宮崎絹子氏・神山和夫氏 238
*oleo19-6miyazaki.pdf
第53回日本油化学会進歩賞 宇山允人氏 240
*oleo19-6uyama.pdf
第11回日本油化学会女性科学者奨励賞 本間里佳氏
田中成佳 241
*oleo19-6honma.pdf

編集委員会から
Editors’ Award・Impact Award・
Award for Best Author・オレオサイエンス賞決まる 242
*oleo19-6award.pdf

特集序言
「日本油化学会の部会紹介」の企画と編集にあたって
柴田裕史 244
*oleo19-6shibata.pdf

特 集
オレオマテリアル部会
織田政紀・渡辺 嘉・佐藤博文・藤田博也・松江由香子・吉村倫一 245

界面科学部会
酒井健一・中原広道・矢田詩歩 251

洗浄・洗剤部会
米山雄二・後藤景子・田川由美子 255

ライフサイエンス・産業技術部会
後藤直宏 259

会 務
公益社団法人日本油化学会
平成31年度役員・委員・専門部会等幹事 260

研究室紹介
東北大学大学院農学研究科 生物産業創成科学専攻 機能分子解析学分野
伊藤隼哉・永塚貴弘 264

学会報告
フード・フォラム・つくば [フードファンクション分科会講演会]
「眼にいい野菜のルテイン」―LEDから眼を守るRED―
フード・フォラム・つくば事務局 266

油脂関連情報
INFORM, Vol.30 No.1 (2019)
前多隼人・白井博明・三宅深雪

JOS掲載論文
J. Oleo Sci., Vol. 68, No.6 掲載論文 271

行事予定 273

会のページ 273

会告 (1) ~(27)

次号特集   「睡眠と油化学」

令和2年度 文部科学大臣表彰候補者募集を終了/7.18

「科学技術賞」,「若手科学者賞」 及び 「研究支援賞」の推薦募集のお知らせです

文部科学省研究振興局長 磯谷桂介様川から当学会へ,「科学技術賞」,「若手科学者賞」及び「研究支援賞」の3賞について,表彰候補者の推薦依頼がありました。お心当たりの方は,7/18(木)までに事務局金子行裕(y-kaneko@jocs.jp)へメールください。

油脂実践講座/7.23終了 満員御礼

主 旨 日本油化学会のフレッシュマンセミナーで油脂の基礎を学ばれ、そして製品開発に携わり、生じた疑問がそのままになっている中堅研究員・若手リーダーにおすすめする講座です。好評を博した2018年度に引き続き、2019年度も「油脂」にかかわる製品の研究・開発に“役立つ様々な角度”からの考え方・ヒント・知識を提供します。本講座では講義とともに講師の先生に直接相談できる時間を設けています。今お困りの疑問を解消してステップアップしませんか?皆様のご参加をお待ちしています。

会 期 7月23日(火) 10:00-17:30

会 場 油脂工業会館9F大会議室
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11

プログラム・詳細情報・申込み>>

1.官能評価による食味・食感のプロファイリング
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門  早川 文代 氏 10:05~11:05

2.最新のトリアシルグリセロール及び脂肪酸の分析とその応用
福島大学 農学群食農学類 吉永 和明 氏 11:10~12:10

質問タイム 12:10~12:40 (昼食・休憩 12:40~13:40)

3.油脂の結晶化と食品の安定性・不安定性について
広島大学大学院 統合生命科学研究科 上野 聡 氏 13:40~14:40

4.企業トピックス:乳化油脂食品の製造と利用
株式会社ADEKA 食品本部 食品開発研究所 島田 俊裕 氏 14:45~15:45

5.高度不飽和脂肪酸の酸化機構と防止
東京工科大学 応用生物学部 遠藤 泰志 氏 15:50~16:50

質問タイム 16:50~17:30

界面実践講座/7.5終了 満員御礼

主 旨 日本油化学会のフレッシュマンセミナーを受講し、界面科学の基礎を習得した方におすすめする講座です。皆さんは、実際の製品開発に携わったとき、単純ではない製品の物性をどう捉えたらよいのか、迷っていませんか。本講座は、多成分であったり、不均一であったりと、複雑な実製品の界面を捉えて制御するための手法を、専門の講師陣がわかりやすく解説します。

会 期 7月4日(木)、5日(金)

 場 油脂工業会館9F大会議室
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11

プログラム・詳細情報・申込み>>

第1日 7月4日(木)

1. 処方設計のための多成分界面活性剤溶液の理解
9:30~10:45 横浜国立大学 荒牧 賢治 氏

2. 液中における微粒子の分散・凝集制御法の理解と応用
10:50~12:05  横浜国立大学 飯島 志行 氏

質問タイム12:05-12:30  / 昼食休憩 12:30-13:30

3. 小角・広角散乱法の多彩なソフトマテリアルへの展開
13:30~14:45  信州大学  佐藤 高彰 氏

4. 散乱技術を用いた可溶化・乳化挙動の解析
14:50~16:05  東京理科大学  小倉 卓 氏

質問タイム 16:05-16:30

第二日(7月5日:金)

5. 洗浄と泡の原理と設計
9:30~10:45 花王㈱ 坂井 隆也 氏

6. 乳化・可溶化を使いこなすための基本的な考え方
10:50~12:05 千葉科学大学 山下 裕司 氏

質問タイム 12:05~12:30    / 昼食休憩 12:30~13:30

7. 分散系のレオロジー
13:30~14:45 DIC㈱ 堀米 操 氏

8. 相平衡図を用いた乳化・可溶化系化粧品の価値づくり
14:50~16:05 ㈱資生堂 渡辺 啓 氏