規格試験法委員会について

規格試験法委員会は、油脂及び関連分野の分析試験法の統一化を図るため、基準油脂分析試験法の制定や改廃、刊行を行う組織です。また、分析試験法の解説や新規分析試験法の紹介のためのセミナーを開催しています。

第20回分析試験法セミナーは2021年度以降に開催予定です。第19回セミナー報告はこちら

日本油化学会制定「基準油脂分析試験法」こちら

「基準油脂分析試験法」に新規試験法が登録されました

  • 基準法 2.4.5-2016 トリアシルグリセリン 2 位脂肪酸組成(酵素エステル交換法)解説
  • 基準法 2.4.14-2016 2/3-MCPD 脂肪酸エステル,グリシドール脂肪酸エステル間接分析法(酵素法) 解説
  • 推奨法 奨 6-2017 モノアシルグリセリン及びジアシルグリセリン組成 (キャピラリー・ガスクロマトグラフ法)文献
  • 推奨法 奨 7-2017 魚油中の2/3-MCPD 脂肪酸エステル,グリシドール脂肪酸エステル間接分析法(酵素法)
  • 参考法 参 2.2.2.2-2016 短鎖脂肪酸を含む油脂の脂肪酸組成 (キャピラリー・ガスクロマトグラフ 法)

「The JOCS Standard Methods for the Analysis of Fats, Oils and Related Materials」に5 試験法が追加されました

  • 2.4.5-2016 Fatty Acid Composition at the sn-2 Position of Triacylglycerols(Enzymatic Transesterification Method)
  • 2.4.14-2016 2-/3-MCPD Fatty Acid Esters and Glycidyl Fatty Acid Esters (Indirect Analysis-Enzymatic Method)
  • R 6-2017 Monoacylglycerol and Diacylglycerol(Capillary Gas Chromatography)
  • R 7-2017 2-/3-MCPD Fatty Acid Esters and Glycidyl Fatty Acid Esters in Fish Oils (Indirect Analysis-Enzymatic Method)
  • S 2.2.2.2-2016 Fatty Acid Composition of Triacylglycerols with Short Chain Fatty Acids (Capillary Gas Chromatography)
                         (オレオサイエンス Vol. 19, No. 9, 2019)