オレオサイエンスVol.21, No6(2021)を公開

オレオサイエンス 目次       Vol. 21, No.6 (2021)

 巻頭言

会長就任にあたってのご挨拶

北本 大       199
*oleo21-6.kitamoto.pdf

Message from the President of the Japan Oil Chemists’ Society

Dai KITAMOTO    200

*oleo21-6.kitamoto-e.pdf

 

表彰

日本油化学会フェロー  松村 秀一 氏

                       204

日本油化学会功績賞   清宮 章 氏

                       206

第55回(令和2年度)日本油化学会学会賞「機能性糖脂質の微生物生産と用途開拓に関する研究」 北本 大 氏

                       207

第55回(令和2年度)日本油化学会進歩賞「メタロサーファクタントの合成と実用に関する研究」 平 敏彰 氏

                       208

第55回(令和2年度)日本油化学会進歩賞「油脂成分の異性体分析ならびに異性化触媒に関する研究」 本田 真己 氏

                       209

第12回日本油化学会女性科学者奨励賞  伊村 くらら 氏

                         210

 

編集委員会から

Editors’ Award・Impact Award・Award for Best Author・オレオサイエンス賞決まる

                       211

 (公社)日本油化学会英誌:JOURNAL OF OLEO SCIENCE (JOS) がDOAJ に収載されました!!

柴田 攻                213

*oleo21-6.shibata.pdf

 

特集序言

「Beyond Self-assemblyの企画と編集にあたって

山下裕司             214

*oleo21-6.yamashita.pdf

特集総説論文

非平衡開放系の自己組織化

中田  聡               215

 

フラーレンナノアーキテクトニクス:ゼロ次元からの多彩な自己組織化構造

有賀克彦・Lok Kumar Shrestha   221

光刺激に応答する分子集合体の構築とその応用

赤松允顕・酒井健一・酒井秀樹    227

 

紐状ミセルの応用

山本 靖・多賀圭次郎          235

 

会務

令和3年度日本油化学会組織図

                           241

 公益社団法人日本油化学会 令和3年度役員・委員・専門部会幹事

                             242

 

研究室紹介

 高砂香料工業株式会社 研究開発本部

江本竜彦                    246

 

                       

油脂関連情報

 INFORM, Vol.31 No.

前多隼人・茂木和之・三宅深雪           248

 

JOS掲載論文

  1. Oleo Sci., Vol. 70, No. 6 掲載論文

                                      251

 

行事予定 

                                      255

会のページ

                                      255

 

会告

(1)~(22)

広告

表2・表3・表4・(K1)~(K2)

 

 

次号特集   「油脂の美味しさ」

 

 

 Oleoscience  Contents     Vol. 21, No. 6  (2021)

 

Inaugural Remarks

Message from the President of the Japan Oil Chemists’ Society

Dai KITAMOTO

               199

Reviews;

Preface

Yuji YAMASHITA

214

  Self-organization under Nonequilibrium and Open Systems

Satoshi NAKATA

215

Fullerene Nanoarchitectonics: Rich Possibilities in Organized Structures from Zero-Dimensional Unit

Katsuhiko ARIGA and Lok Kumar Shrestha

221

Developments and Applications of Photoresponsive Molecular Assemblies

Masaaki AKAMATSU, Kenichi SAKAI, and Hideki SAKAI

227

 How about Thread-like Micelle?

Yasushi YAMAMOTO and Keijiro TAGA

                   235

 

Laboratory;

Corporate Research & Development Division, Takasago International Corporation

Tatsuhiko EMOTO

246

第67回定時総会で新役員が選任されました 4/22

定時総会で新役員が選任されました。令和3年度役員と委嘱職務を紹介します。

承認された令和2年度事業報告と決算案ならびに報告された令和3年度事業計画と収支予算書を掲載しました

 

■第67回定時総会
日 時 : 4月22日(木) 13:00〜16:00
場 所 : 油脂工業会館9F会議室
目的事項:
(1)報告事項
➀令和2年度事業報告・監査報告
➁令和3年度事業計画
➂令和3年度予算計画
(2)決議事項
➀令和2年度決算承認・監査報告
➁令和3年度役員選任
➂定款 総会(書面による議決権の行使)の一部変更

令和2年 第59回年会 プログラム

10.02   プログラムの見どころ紹介

年会プログラム >>こちらをご覧ください。
年会登録者は全ての講演を視聴できます。
参加登録の早期割引は9.30まで。最終締め切りは10.16まで。

9.19   プログラムを公開

依頼講演、一般講演、フレシュマンセミナ―の詳細を掲載。
年会プログラム >>こちらをご覧ください。
年会登録者は全ての講演を視聴できます。
参加登録の早期割引は9.30まで。最終締め切りは10.16まで。

7. 7 朝倉会長メッセージ

第2報を掲載 >>こちらをご覧ください。

6.22 Web年会システムのマニュアルを掲載

講演者用 >>こちらをご覧ください。
参加者用 >>こちらをご覧ください。

5.29 Web開催の詳細を年会HPへ掲載

5.11 新型コロナの再感染に備えWeb開催への移行を決定

会期は大幅に遅らせ11月2日(月)~7日(土)とします。
講演は,PowerPoint資料に説明音声をつけて作成いただきます。
質疑は会期内に投稿形式で行います。
視聴はご自宅・職場から好きな時間にできます。

研究開発の歩みを止めず,Web上で議論し,世の中を先導しましょう。
今年は,新型コロナウイルス対応技術のセッションを設けます。栄養で免疫力を高めるには,界面活性剤でウイルスを除去するには,新生活様式で理美容はどう進化するのか,など,オレオサイエンスがこの非常事態に貢献できることを議論しましょう。

令和3年は第60回年会を岐阜大学で,令和4年は70周年記念事業として釧路市にて第2回世界オレオ会議WCOS2022 を,令和5年は第61回年会を高知工科大学にて開催します。