若手研究者奨励賞

関東支部所属で年会にエントリーした40歳未満の若手研究者による研究を対象として、“多くの人に聞いていただきたい”研究成果や取り組みを、関東支部幹事による投票により選出しています。受賞者には油化学セミナーで講演いただきます。

 

第8回若手研究者奨励賞を受賞された皆さま、おめでとうございます。

この賞は、審査員の投票によって選ばれた「もっと詳しく聞いてみたい」あるいは「多くの人に聞いて貰いたい」講演に対して与えられるものですが、確かにみなさまの講演内容にはそう感じさせ、応援したいと思わせる新しさや面白さ、今後の広がりあるいは深みへの期待感があると思いました。 この受賞が励みとなり、さらなる新しい成果につながることになれば嬉しい限りです。また、新しい仲間作りのきっかけとなることも期待しております。関東支部では、受賞された皆さまの年会でのご発表を紹介するなどして、ささやかながら応援し続けて参りたいと考えております。今後のみなさまのご活躍をお祈り致します。

なお、今回は残念なことに、新型コロナウイルス感染症予防のため、授与式と受賞講演が中止となりましたが、講演会につきましては4月以降の開催を検討中とのことです。多くの方とご一緒に聴ける日が、一日も早く来ることを願ってやみません。

令和2年12月 日本油化学会関東支部 支部長 安増 毅


第8回(令和2年度)

境野 眞善 株式会社J-オイルミルズ/東北大学大学院農学研究科
「酸価の上昇に寄与するトリグリセリド由来酸性物質の研究」

この度は、栄誉ある若手研究者奨励賞を頂き、大変光栄に存じます。日頃からご指導頂いている東北大学仲川教授、加藤助教、伊藤助教や機能分子解析学分野の皆様、ならびに他の共同研究を通じて関わらせて頂いた皆様に感謝申し上げます。今回の受賞テーマは油脂の酸化に関する研究ですが、まだまだ道半ばです。受賞を励みに、油化学や油脂産業の発展に貢献できるよう研究を進め、社会にもっとおいしい油を提供できるよう精進して参ります。

 

吉竹 広記 花王株式会社 スキンケア研究所
「乾燥後もα-ゲル構造を維持するラメラ/ポリマー複合化製剤の開発」

この度は、名誉ある若手研究者奨励賞を頂き、大変光栄に存じます。共同研究者の皆さま、ご指導いただいている先生方、並びに今回企画いただいた皆さまに厚く御礼申し上げます。受賞テーマであるα-ゲルの構造維持に関する検討は、当初の仮説に反する結果となり、油化学の奥深さと面白さを改めて実感しました。本テーマは日常生活を想定した保湿技術の一環なので、益々多様化する生活様式に沿った提案ができるよう、今回の受賞を励みに一層尽力して参ります。

 

黒木 純子  株式会社コーセー 研究所 皮膚薬剤研究室フランス分室
「Electron diffraction analysis of intercellular lipids in human lip stratum corneum」

この度は、身に余る光栄な賞を賜りまして、大変光栄に存じます。ご指導いただいております関西学院大学の加藤知先生、中沢寛光先生、共同研究者の皆様、そして日本油化学会関東支部の皆様をはじめ、関係者の皆様に深く御礼申し上げます。今回の受賞テーマは口唇における脂質の構造解析に関する研究となっておりますので、今後は今回の研究から得られた知見を業界や油化学の発展へ繋げることのできるよう、本受賞を励みに、更に精進して参ります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。