主催セミナー

令和元年度第3回油化学セミナー

「若手研究者による油脂、界面の最前線 ― 関東支部 第7回若手研究者奨励賞記念講演会 ―」

日本油化学会関東支部では、日本油化学会年会で若手研究者により発表された研究の中から、秀逸と考えられるものを関東支部幹事の投票で選出しています。そして、選出した研究の発表者に対して若手研究者奨励賞を授与し、併せて受賞講演をお願いしています。本年も厳正な審査の結果、4名の研究者が選出され、このたび関東支部若手研究者奨励賞記念講演会を開催する運びとなりました。未来に羽ばたく若手研究者の講演を是非お聞きください。

★本セミナーではリアルタイムコメント共有システム”コメンタグラム™”を使用します。コメンタグラム™では、講演中にスマホを通じて好きなタイミングで質問や共感を示すことができます。どうぞご期待ください! ⇨ コメンタグラム™の詳細はこちら

★本年度受賞者の受賞コメントを掲載しております。 ⇨ 若手研究者奨励賞のページをご覧ください。

 

   

 

日 時:令和2年1月24日(金)13:00~16:45 (受付開始12:30~)
会 場:油脂工業会館9階大会議室(〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11)
主 催:公益社団法人日本油化学会関東支部

プログラム
1.「化粧品製剤における、製剤安定化と感触設計について」
ポーラ化成工業株式会社 横浜研究所 製品設計開発部  松尾 一貴氏

化粧品は、お客様が毎日使い続けてもらえるここちのよい感触や、効果感を感じられることが重要です。本講演では、私が体験した失敗や成功例を交えながら、現場の最前線での化粧品における製剤開発について発表します。

2.「環境調和型界面活性剤MESの液体洗剤への応用」
ライオン株式会社 研究開発本部 先進解析科学研究所  森垣 篤典氏

植物由来のアニオン性界面活性剤MESは衣料用液体洗剤として高い皮脂洗浄力を示します。本講演では、油/水界面に着目した洗浄機構と、クラフト点を低下させ液体洗剤にMES活用を可能にした例について紹介します。

3.「脂肪酸または酸化脂肪酸によって誘導される細胞死に関する研究」
成蹊大学 理工学部 物質生命理工学科  井内 勝哉氏

不飽和脂肪酸は種々の疾患を予防する効果を有しますが、細胞に対する正確な作用機構は未解明です。本研究では、脂肪酸や酸化脂肪酸で処理した培養細胞を用いて、細胞生存または死への運命を決定する機構を解析した結果について発表します。

4.「アポカロテノイドの調製と細胞機能に関する研究」
北海道大学大学院 水産科学院 高谷 直己氏

アスタキサンチンを始めとした種々のカロテノイドからのアポカロテノイド調製法と、細胞アッセイを通して明らかになってきた構造特徴的な抗炎症活性や抗酸化酵素発現促進作用等とその分子機構について紹介します。

 

参加費(テキスト代を含む):当日受付にてお支払いください
日本油化学会正会員・法人会員勤務者: 5,000円、一般: 7,000円、学生: 1,000円

懇親会:3,500円

申込方法:①氏名、②所属、③連絡先(住所、電話番号、E-mail)、④会員資格(個人会員の方は会員番号も記載)、⑤懇親会への参加の有無、をご用意の上、下記のリンクからお申し付けください。

申込締切:令和2年1月20日(月)

⇨ 申し込みはこちらから

⇨ 会告

令和元年度 第2回油化学セミナー
短命県返上に向けた油との正しい付き合い方

・会告  ・開催記  ・ポスター

令和元年度 第1回油化学セミナー
企業はAI / IoTをどのように活用しているか

・会告
・開催記

平成30年度 第3回油化学セミナー
若手研究者による油脂、界面の最前線
ー関東支部 第6回若手研究者奨励賞記念講演会ー

・会告
・開催記

平成30年度 第2回油化学セミナー
市民講座(茨城):食を通した健康づくり

・会告
・開催記

平成30年度 第1回油化学セミナー
研究開発マネジメントの真髄

・会告
・開催記

 

平成29年度 第3回油化学セミナー
ー関東支部 第5回若手研究者奨励賞記念講演会ー

・会告

平成29年度 第2回油化学セミナー
市民講座(岩手):安心でおいしい食品を創る

・会告

平成29年度 第1回油化学セミナー
成功する新規事業のつくり方

・会告